工務店と建てる | 暮らしを楽しむ木の家

dkob21.exblog.jp

FPパネル | 吉見町の家

f0310010_14213777.jpg
壁断熱材が入りました。

断熱仕様
床:硬質ウレタンパネル(ESパネル)厚み:105㎜/0.024w/㎡・K
壁:硬質ウレタンパネル(FPパネル)厚み75㎜/0.024w/㎡・K 《1.2階》
屋根:現場発泡ウレタン(アグリ)厚み260㎜/0.032w/㎡・K 《屋根》

f0310010_14303844.jpg
試験的に75㎜厚の断熱パネルを採用しました。断熱性能のトレードオフを狙い屋根断熱材は通常の2.5倍の厚みに。
木部とパネルの間にはブチルテープを貼り気密処理を行います。

風呂の保温に断熱風呂フタ(アルミ付きスポンジ等)が有効という話にヒントを得ました。
もしかしたら、暖かい熱も屋根から逃げている量が多いのではないかと思い屋根断熱を強化しました。
100㎜以上の断熱材施工における性能アップ率は低いという研究もあると聞きましたが、
自宅は実験住宅なので兎に角チャレンジです。

パッシブハウスの仕様書を調べてみても、
北欧の断熱施工例を調べてみても、
某省エネ設計士の物件を調べてみても、
断熱材の厚みで性能を担保している事例は沢山あったので、良い結果が得られるものと予想しています。
弊社標準仕様からのコストダウンにも成功しています!!byこばやし

『吉見町の家』現場見学会
随時受付致します!!
詳しくは下記イベント情報をご確認ください。
イベント情報










 
            

                                                         ★★★
《 愉しい暮らし・嬉しいすまい:) おくやまけんせつ 》
[PR]
by dkob21 | 2014-01-08 09:20